この度、NPO法人IMCは平成26年度より、祭ヒーロー“舞神 双嵐龍(ぶじんソーランドラゴン)”の幼稚園や保育園、学校、施設などへの啓発ショー、子ども達に向けた教育的活動の実施の援助をしていくこととなりました。

「ふるさとを、日本を地球を愛し、よりよい未来のために、できることからはじめられるヒーロー魂を持った人を一人でも多く増やす」ことを使命として活動するソーランドラゴンは〝和芸を通して日本文化を知ろう!” “踊って守ろう安全安心 警視庁考案防犯標語『いかのおすし』をおぼえよう!”“一緒に踊って君もヒーローだ!Let‘sソーラン!!”“一緒に踊って感じよう!障がい者理解「おーちゃんドラゴン講演会」”などの子ども達への教育的要素を含んだ啓発パッケージを志を持って実施してきました。ヒーローが講師を務めると、子ども達は目の色を変えて意欲的に参加し、取り組みます。
実際に実施した先の幼稚園や学校、教育委員会の方々などからの評判は大変良好で、たくさんの嬉しい感想、激励のお声を頂き、ご依頼頂く件数も段々増えてきたそうです。しかし、そうしたご依頼は予算が少ない場合が多く、社会貢献活動の一環として実施してはおりましたが、常に赤字運営になってしまう現状があり、ご依頼をいただいても万全な体制のショーを実施することが困難な事態に何度となく陥っているとの現状があったそうです。
しかし、これらのパッケージショーを引き続きより多くの子ども達に届けたい。様々なご要望やご予算にも応じて、よりベストな形で実施したい。そんな熱い思いから、支援企業からのご協賛を募り、実施の援助として活用していたソーランドラゴンの活動に対し、NPO法人IMCが大変賛同し、IMCのイベント事業部として啓発ショーの協賛金・寄付金を集め、より力を入れて共に実施していく運びとなりました。
スタッフ一同、全力を尽くして本企画を遂行する所存でございますので、本企画の趣旨にご理解、ご賛同頂けましたら、是非とも格別のご支援とご協力を賜れますよう、お願い申し上げます。

教育パッケージ紹介パンフ
2019年度ソーランドラゴン教育出陣協賛趣意書